住めば分かる!?札幌で暮らすなら地下鉄に近い賃貸がおすすめ

札幌の真冬の過酷さは半端ではない

札幌とは、12月の段階ではまだ降雪量が少なく、歩行が困難になるようなことはそんなにありません。しかし年が明けて本格的な厳冬期に突入すると、降雪量は増えるのに加えて気温も低くなり、さらに市街地においても猛烈な吹雪が吹く日があります。そんな日の朝は、深夜に降った雪の除雪が済んでいない中で歩こうとしても、特に吹雪がすごい日には1km歩くのに30分以上かかるような場合も発生します。そして、雪や吹雪が原因で会社や学校・会合に遅刻してしまう恐れもありますので、札幌で生活をする上では地下鉄の近くに住んで目的地に遅刻しないようにする努力が大事です。なお、どれくらい過酷か、歩行が困難であるかを知りたい場合は一度1月・2月あたりに札幌の状況を下見しに来ることをおすすめします。

地下鉄近くなら買い物もしやすい

札幌の物件とは、建物の新しさによって賃料が跳ね上がる場合はあっても、駅近くの物件が多めということもあって駅から近いからと言って賃料が跳ね上がるということは特にありません。そのため、冬の歩行の大変さを考えると地下鉄の駅の付近に住むほうがおすすめですが、地下鉄の駅の近くに住むことには年間を通じたメリットもあります。札幌は約200万人の人口を抱える全国トップクラスの大都市で、札幌駅南口に広がる広大な繁華街も全国有数の規模です。そして、そのあたりのエリアは買い物や飲食をする上では大変便利なエリアとなっています。そのため、少しくらい家賃が高めであっても、街の便利さを最大限享受できるように、駅から遠くに住んで移動に疲れてしまうよりも地下鉄駅から近い物件に住むほうがおすすめです。

© Copyright Broadband Living Property. All Rights Reserved.